ダイドーのクリアアイの口コミ・評判@目のぼやけは解消できるのか?

ダイドーのクリアアイ@ルテインサプリと併用で目にイイ食べ物

日頃、目を酷使していませんか?

 

  • 目がぼやける
  • 目が疲れる
  • 小さい文字を見るのが億劫だ
  • 夕方になると見えづらい
  • 肩こりがひどい
  • 急に視点を変えるとぼやける

 

などの症状が1つでも出ている方は、すでに眼精疲労の症状が出ています。

 

最近はスマホの普及によって、強力なブルーライトを浴び続ける機会が多く、目が酷使されています。
仕事などでも1日中パソコンと向き合っている方も多く、肩こりに悩んでいる方も多いでしょう。

 

目も加齢とともに機能が衰えていきます。

 

人間には5感が存在しますが、視覚が情報量の9割を占めることは既知の事実だと思います。

 

日頃使い続けている目を少しでも労わってあげたいもの。

 

そんな目にいい食べ物をご紹介します。

 

 

 

目にイイ食べ物10選

ビルベリー

 

目にイイ食べ物として、パッと思い浮かぶのが

 

「ブルーベリー」

 

ブルーベリーにはアントシアニンという成分が含まれています。
アントシアニンはポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。

 

増殖した活性酸素を除去する働きがあり、白内障などの予防に効果的です。

 

実は、ブルーベリーよりもアントシアニンを多く含む食べ物があります。

 

それが「ビルベリー」

 

アントシアニンがブルーベリーの5倍も入っているとのことで、大注目の食べ物です。

 

 

 

ホウレンソウ

ホウレンソウはルテイン含有量No.1の食べ物。

 

ルテインも抗酸化作用の非常に高い成分。
黄斑部の色素量を増やす働きがあります。

 

加齢やブルーライト等の光によってダメージを受けると網膜の中心部である黄斑に障害が生じてしまいます。
その結果、見ようとするところが見えにくくなることがあります。

 

加齢性黄斑変性症は、黄斑という組織が加齢とともにダメージを受けて変化し視力の低下を引き起こす病気です。

 

ルテインの1日摂取目安量は5〜10mg。
ホウレンソウだと1/3束くらいです。

 

ルテインを効果的に摂取することで、黄斑変性を予防することができます。

 

 

 

ブロッコリー

ブロッコリーもホウレンソウに次いでルテインを多く含む食材。

 

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれていますので、
積極的に摂るように心がけましょう。

 

 

 

青魚

イワシやサンマなどに含まれるDHA・EPA。

 

DHA・EPAは視神経に作用すると言われていて、視力回復などに効果があります。
その他、血流を良くする働きがあるので、目を酷使して滞った血液の流れをよくします。

 

 

 

かぼちゃ

かぼちゃにはビタミンAが非常に多く含まれています。

 

ビタミンAは涙の分泌に大きく関与しています。
ビタミンAが不足するとドライアイを悪化させてしまいます。

 

またビタミン類は他の栄養素との結びつきを助ける役割があります。

 

ルテインやアントシアニンの栄養素のチカラを引き出すダメにはビタミンは不可欠なのです。

 

 

 

ダイドーのクリアアイを併用しよう

ダイドーのクリアアイは、ルテインをはじめ目の調子を整える栄養素がバランスよく含まれているサプリメント。

 

毎日の食事では補いきれない貴重な栄養素を効果的に摂ることができます。

 

クリアアイは1日1粒でOK。

 

飲みにくさもなく、毎日続けられるサプリメントです。

 

 

【初回972円】 ダイドードリンコ公式 "クリアアイ"はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加