ダイドーのクリアアイの口コミ・評判@目のぼやけは解消できるのか?

コントラスト感度低下の原因@ダイドーのクリアアイで目のぼやけ解消

 

「最近目がぼやける・・・」

 

「最近目がかすむ・・・」

 

などの悩みを持つ方は増えています。

 

目のぼやけや目のかすみは、コントラスト感度の低下にあります。

 

コントラスト感度の低下の原因とは何なのでしょうか?

 

 

 

コントラスト感度低下の原因


以前と視力は変化ないのに、目がぼんやりかすんで見える・・・

 

それはコントラスト感度の低下が原因です。

 

コントラスト感度とは、色の濃淡を認識する力のこと。

 

コントラスト感度の低下の原因は、目の奥の網膜にある黄斑部の保護層が紫外線やブルーライトの光によってダメージを受けているためです。

 

テレビやパソコンなどの液晶画面から発するブルーライトは、人間の目に見える光線の中でも最も強い光
最近は長時間使用するケースが増えてきて、その影響が懸念されています。

 

コントラスト感度の低下が目のぼやけを生じます。

 

 

 

ルテインとゼアキサンチン


長時間のコンピューター作業は、気づかないうちに網膜の黄斑部にダメージを与えます。

 

その黄斑部の保護層を守るのが

  • ルテイン
  • ゼアキサンチン

という成分。

 

ルテインゼアキサンチンは、目の奥の網膜に位置し、黄斑部の保護層を作ります。
このルテインとゼアキサンチンが有害な光を吸収・遮断し、目を守ります。

 

 

 

加齢による目の病気

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症はその名の通り、加齢が原因で起こる眼の疾患。
高齢化社会によって、日本で患者数が増加しています。
患者数は男性の方が多く、年齢が高くなるにつれて増加し、両眼に発症する割合も高くなっていきます。

 

加齢黄斑変性症は進行すると失明というリスクもあります。
加齢黄斑変性症は喫煙者に多くみられます。

 

加齢黄斑変性症は加齢により、網膜の中心部である黄斑部がダメージを受けるのが原因。
加齢黄斑変性症は、ものを見ようとしたときに視野の中心部が最も影響を受けます。

 

進行とともに、

  • 見たい部分がゆがんで見える
  • コントラスト感度の低下で、見たい部分がほやけて見える
  • 中心暗点が起きる

などの症状が出てきます。

 

加齢黄斑変性症の症状が進むと、見たい中心部分がゆがんで見えます。

 

こんな感じで見えたら、加齢黄斑変性症のサイン。

 

黄斑部がダメージを受けているのかもしれません。

 

 

 

加齢とともに減少するルテインとゼアキサンチン

加齢とともに黄斑部の保護層にある
ルテインゼアキサンチンは減少していきます。

 

 

目の見え方に重要な役割を持っているのに減少してしまうため、目の不調の原因になってしまいます。

 

ルテインとゼアキサンチンは体内では生成できない成分。

 

食べ物やサプリなど外から補う必要があるのです。

 

 

 

コントラスト感度を上げるためには?

ルテインとゼアキサンチンを効果的に摂取する必要があります。

 

必要な栄養素なのに、日本人のほとんどは必要量を補えていません。

 

 

加齢による目のぼやけの解消には、人は意識して補う必要があるのです。

 

そして、ルテインとゼアキサンチンを摂取バランスには黄金比率があります。

 

その比率は、

 

ルテイン:ゼアキサンチン = 5:1

 

体内では、ルテインとゼアキサンチンが1:2.4の割合で存在しています。
なので、その比率に合わせた量を補うことによって、黄斑色素密度が増加することが研究の成果でも実証されています。

 

 

 

ダイドーのクリアアイは5:1

ダイドーのクリアアイは、

  • ルテイン = 10mg
  • ゼアキサンチン = 2mg

1粒に凝縮されています。

 

5:1の黄金比率。

 

ダイドーのクリアアイ1粒で、ルテイン・ゼアキサンチン摂取量を摂ることができます。

 

  • 健康意識の高い方
  • 目のぼやけに悩んでいる方
  • パソコンやスマホを使う頻度が高い方

にダイドーのクリアアイはおすすめです。

 

 


【初回972円】 ダイドードリンコ公式 "クリアアイ"はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加